ER 形成外科

【診療Tips】LRINEC score(ライネックスコア)

Key Point Summary

LRINEC(Laboratory Risk Indicator for Necrotizing Fasciitis)score は、壊死性筋膜炎を診断するための補助的診断ツールである。

項目は、CRP、WBC、Hb、Na、Cre、Gluである。

LRINEC score ≧ 6点で壊死性筋膜炎を疑う。

壊死性筋膜炎の発症早期では LRINEC scoreが<6点のこともあり、臨床、画像所見と併せて総合的に判断する。

 



 

Q & A

レジデント
壊死性筋膜炎を診断するにあたって、LRINEC scoreってどの程度信頼していいんでしょうか?
あくまでも補助的診断ツールとして有用という認識でいたほうがいいよ。LRINEC score 0点 の壊死性筋膜炎*も報告されているからね。臨床所見、画像所見、LRINEC scoreを組み合わせて総合的に判断するようにしよう。
指導医

*Wilson MP et al. A case of necrotizing fasciitis with a LRINEC score of zero. J Emerg Med 2013;44:928-931.

レジデント
総合的に判断するってことは、確定診断のための決め手が乏しいってことでしょうか?
壊死性筋膜炎は進行すれば、誰でも診断できるよ。ただ、壊死性筋膜炎は致死的な重症感染症で急速に進行するから、できるだけ早期に診断したいんだけど、この早期診断が難しいんだ。壊死性筋膜炎は、軟部の浅い層(真皮・皮下浅層)の感染である蜂窩織炎と比較すると、より深い筋膜レベルで感染が広がるから皮膚所見は乏しいよ。皮膚所見(紅斑、水疱など)がある範囲をこえて圧痛を認める場合は壊死性筋膜炎を疑うよ。
指導医

 

左下肢の壊死性筋膜炎。紅斑、水疱、血疱、紫斑を認める。皮膚所見の範囲を超えた圧痛を認め、LRINEC scoreは9点。

 

左上肢の壊死性筋膜炎。右環指に血疱を認める。前腕まで圧痛を認め、LRINEC scoreは7点。

 

壊死性筋膜炎は、軟部の浅い層(真皮・皮下浅層)の感染である蜂窩織炎と比較すると、より深い筋膜レベルで感染が広がるため皮膚所見は乏しい。

 

 

LRINEC score(ライネックスコア)

Wong CH, et al. The LRINEC(Laboratory Risk Indicator for Necrotizing Fasciitis)score: a tool for distinguishing necrotizing fasciitis from other soft tissue infections. Crit Care Med 2004;32:1535-1541.

 



-ER, 形成外科
-, , ,

© 2022 マイナー外科・救急 Powered by AFFINGER5