手外科

【診療Tips】解剖:手指の腱

Key Point Summary

【屈筋腱】母指の屈筋腱は、FPL1本のみであるが、示指〜小指は中節骨に停止するFDSと末節骨に停止するFDPのそれぞれ2本からなる。

【伸筋腱】指の伸展機構は、外在筋と内在筋から成る。主としてEDCがMP関節、掌側骨間筋がPIP関節、虫様筋がDIP関節の伸展に関与する。

 

 

Outline

屈筋腱の解剖

  • 母指は長母指屈筋腱(FPL)のみであるが、示指〜小指は中節骨に停止する浅指屈筋腱(FDS)と末節骨に停止する深指屈筋腱(FDP)からなる。
指のIP関節を屈曲するための力源は、前腕(=手の外)にあるよ。そのため、extrinsic muscle(外在筋)と呼ばれるよ。一方で、手のなかに起始・停止がある筋肉のことをintrinsic muscle(内在筋)と呼ぶよ。
指導医

 

手の屈筋腱

 

FDP & FDS

 

FDP と FDS

 

レジデント
腱交叉と腱裂孔って間違えて覚えてました…
そう、両者は混同しやすいので注意してね。腱交叉(キアズマ)はFDSが中節骨掌側に停止する部位を指すよ。
指導医

 

 

伸筋腱の解剖

  • 指の伸展機構(extensor mechanism)は、いわゆる外在筋であるextrinsic(extensor tendon)系と、内在筋であるintrinsic(interosseous tendon, lumbrical tendon)系から成る。
  • 総指伸筋(EDC)はMP関節包と癒着しており、MP関節を伸展させる。単独でPIP関節やDIP関節を伸展させる機能はない(手内筋との協同作業になる)。
  • 掌側骨間筋(interosseous muscle)の多くは中節骨に対し、PIP関節を伸展する。DIPの伸展機能もわずかにある。
  • 虫様筋(lumbrical muscle)の多くは末節骨に停止し、DIP関節を伸展する。PIP関節の伸展機能もわずかにある。

 

Extensor mechanism of finger

 

指の伸展機構

 

 

下のイラストをみてごらん。内在筋(掌側骨間筋と虫様筋)の走行を赤の点線で示しているよ。中枢→末梢に向かって、掌側→背側に走行しているよ。つまり、内在筋が収縮するとMP関節は屈曲、PIP関節とDIP関節は伸展するのがわかるね。
指導医
レジデント
Intrinsic plusの肢位になりますね!

Intrinsic hand muscle function

 

 

Extensor mechanism of finger

 

指の伸展機構

 

 

-手外科
-, , , , , ,

© 2022 マイナー外科・救急 Powered by AFFINGER5