皮膚科

【診療Tips】手湿疹の亀裂・あかぎれにはドレニゾンテープが効く!

Q & A

レジデント
コロナ禍になって手洗いや消毒の機会が格段に増えたことで手湿疹(主婦湿疹)が増えていますよね。軟膏以外の治療法ってありますか?
そもそも手湿疹は、過度の刺激や摩擦によって皮膚のバリア機能が低下することで発症することが多いよ。
指導医
治療法は3つ:①原因の除去(手の洗いすぎや過度の消毒を避ける)、②スキンケア(保湿)、③ステロイド、だよ。亀裂にはステロイド含有テープ(ドレニゾンテープ®)が効果的だよ。
指導医

 

 

手湿疹

  • 手に生じる湿疹・皮膚炎の総称。

手湿疹

 

 

原因

  • 「①非アレルギー性」と「②アレルギー性」に大別される。
  • ①非アレルギー性は、刺激性接触皮膚炎とも呼ばれ、原因となる物質の毒性(洗剤、樹液など)や刺激性が高い(摩擦)ことから発症する。手湿疹の原因の70%を占める。
  • ②アレルギー性は3つに大別される。(a)アレルギー性接触皮膚炎、(b)たんぱく質抗原に対する接触皮膚炎、(c)アトピー型手湿疹である。ここでは詳細の解説は省く。
難治性の場合、原因究明のためにパッチテストがおこなわれることもあるよ。
指導医

 

 

治療

  • 原因を除去する。

具体的には、手の洗いすぎ、過度な消毒、原因物質との接触を避ける。

  • スキンケアをする。

具体的には、軟膏やクリームで保湿をすることで皮膚のバリア機能を高める。

  • ステロイドで炎症を抑える。

通常は外用薬を使用するが、亀裂やあかぎれにはステロイド含有テープ(ドレニゾンテープ®)が有効。

 

 

 

手湿疹の亀裂・あかぎれにドレニゾンテープ

  • ドレニゾンテープ®は、粘着テープにステロイドを均等に含んだ貼り薬のこと。
  • ドレニゾンテープに含まれるステロイドの強さは5段階中の3番目、つまり中間的な強さのもの。
  • テープの材質はポリエチレンフィルムで水を通さない。
  • 貼付後は少なくとも12〜24時間ごとに貼りかえる。

 

数回の手洗いや消毒だと貼付したままでも剥がれづらいよ。
指導医

 

手湿疹による亀裂(PIP関節の掌側)

ドレニゾンテープ®

透明な粘着フィルムに台紙がついている

台紙ごとハサミで切って、台紙を剥がして貼付する

就寝前に貼付して日中剥がすのが使い勝手がいい

 

 

キズ(亀裂やあかぎれ)を治すという意味では、キズパワーパッドも有効だね。
指導医

-皮膚科
-, , , , ,

© 2022 マイナー外科・救急 Powered by AFFINGER5