その他

【診療Tips】ボスミンⓇ (エピネフリン)の濃度

Key Point Summary

ボスミン = エピネフリン = アドレナリン はいずれも同義。

ボスミン1A = 1000倍ボスミン。心肺蘇生で用いる。

ボスミン1Aを100倍に希釈すると10万倍ボスミンになる。

   

 

Q & A

レジデント
手術中に使うボスミン生食ガーゼの濃度はどれぐらいですか?

10〜20万倍ボスミンを用いている施設が多いね。ボスミン1A(1000倍ボスミンと呼ばれる)を生食100〜200mlで希釈したものだよ。過去に、ボスミン原液をガーゼに浸して創部の止血に使用したり、皮下注してしまった医療事故が報告されているので、手術や処置の際には必ず自分で確認する癖をつけよう!
指導医
 

 

 

 

Outline

 

■ ボスミンⓇ

ボスミンⓇ = エピネフリン

  • ボスミンは商品名。
  • ボスミン=エピネフリン=アドレナリンの認識でOK。
  • ボスミン注1mg1A(以下、ボスミン1A)には、水1mlあたりボスミン(エピネフリン)が1mg(0.001g)入っている。つまり水100mlにたいしてボスミン(エピネフリン)が0.1gなので0.1%となる。逆に、ボスミン(エピネフリン)が1gと仮定すると水1000ml必要なため、1000倍ボスミン(エピネフリン)とも呼ばれる。

ボスミン1Aは心肺蘇生の時にワンショットするものだよ。「ボスミン1A = 1000倍ボスミン」と覚えておくのもいいね。
指導医

 

10万倍ボスミンの作り方

 

  • ボスミン1A(1000倍ボスミン)をさらに100倍に希釈すると100,000倍(10万倍)ボスミンとなる。
  • 1%Eキシロカインには、10万倍希釈のボスミン液が添加されている。
  • 10万倍ボスミンは、ボスミン生食ガーゼで用いられる。

レジデント
1%Eキシロカインの「E」は、10万倍ボスミンが添加されているってことなんですね!
 

 

 

ポイント

ボスミン1A(=1000倍ボスミン)を100倍に希釈すると10万倍ボスミンになる 

→ボスミン生食ガーゼで用いる

 

 

 

■ 関連記事

 

 

-その他
-, , , ,

© 2022 マイナー外科・救急 Powered by AFFINGER5