ER その他

【診療Tips】アセリオ静注用1000mgバック

Key Point Summary

アセリオ静注用1000mgバッグは、アセトアミノフェンの点滴薬である。

15分で投与する。

低体重の患者(BW<50kg)では投与制限がある。

1日投与量が4000mgをこえてはいけない。

 

 

Q & A

レジデント
アセリオって昔からありましたっけ?
2017年にテルモが販売開始した比較的新しい点滴薬だよ。アセトアミノフェンを有効成分としているよ。内服薬ではカロナール、坐薬ではアンヒバ が有名だよね。
指導医
レジデント
全身麻酔の術後の鎮痛薬としてもよく利用しますか?
以前はロピオンをよく使っていたけど、最近は、形成外科の術後の鎮痛薬としてアセリオを第1選択で指示入力している先生が多いよね。腎臓が悪い患者さんでも使いやすいよね。
指導医

 

Outline

【成人における疼痛管理】

  • アセトアミノフェンとして、1回300~1000mg15分かけて静脈内投与し、投与間隔は4~6時間以上とする。
  • 1日総量として4000mgを限度とする。
  • 低体重患者の投与制限:体重50kg未満の成人にはアセトアミノフェンとして、15mg/kg/回を上限として静脈内投与し、投与間隔は4~6時間以上とする。1日総量として60mg/kgを限度とする。

 

【投与速度】

  • 15分で投与する。
15分で急速に血中濃度を上昇させて中枢神経に作用させるので、ダラダラと投与すると効きが悪くなるよ。
指導医

 

【投与量】

  • 1500mg/日まではOK。
  • 1501〜4000mg/日までは肝障害に注意。
  • 4000mg/日をこえてはいけない。

 

【参考資料】

-ER, その他
-, , , , ,

© 2022 マイナー外科・救急 Powered by AFFINGER5